忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/23 13:46 】 |
6月15日 出産その1

産箱に入って巣作りしたり、おしっこの回数が増えたものの
今だに産まれる気配なし。

ここにきて、ご飯もきっちり食べるようになった。
今か今かと待ってるこちらの方が力みすぎて疲れてきちゃった (;・∀・)
よくご飯を食べるようになったので赤ちゃんが育ちすぎてないか心配。
と思ったら夜になりご飯を完全に拒否して産箱に行ったり来たり。
行くとこ行くとこついてくるし、ちょっと様子が変。

20時 検温36.6 
∑(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ ウオオォォォォォォォー!!
急いでお父さんに連絡。 
患者さんが時間に遅れて来たために7時半帰宅が延びていた。
もう、早く帰ってこ~~~い!

20時30分
 お父さん帰宅!
 検温36.9 
 やっぱり出産は近い!

獣医さんに体温が下がった事を電話連絡した。
念のためにこれから準備しておいてくれるとの事。
牡丹はお父さんにピッタリくっついてソワソワしている。
やはり様子が変だよ~とお父さんも言うので
ユンケルを飲んで徹夜を覚悟する。
く( ̄△ ̄)ノガンバレェェェ!!
PR
【2005/06/15 15:30 】 | 出産! | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
6月16日 誕生

15日夜に体温の低下を確認してから息が荒くソワソワの牡丹に
結局お父さんと二人ユンケル飲んで徹夜となりました。
一応朝ご飯をと思ったがやっぱり食べず。
日が昇り午前9時頃になると一旦落ち着き寝てしまった牡丹。
今のうちにと10時過ぎにお父さんと私も一緒に仮眠しました。

12時30分 
寝ていた私の肩から腕にかけて生あたたかい液体がΣ(・∀・`;)
慌てて飛び起きて確認。色が薄黄色っぽかったのでおしっこ???
でもニオイが無臭・・。破水?! おしっこ?! 
そうこうしているうちに牡丹の陰部から黄色っぽいような薄茶色のような液体が
少しとおりもののようなドロっとしたものが出てきた。
やっぱりおしっこじゃないよー!
そしてすぐにいきみ始めた牡丹。
陣痛じゃん(∀・;)オドオド(;・∀)

13時
牡丹を産箱に移し、お父さんはビデオカメラを慌しく用意。
いきむ事数回でニュルっと第一子誕生
羊膜を破って生きている事を確認、お父さんがへその緒・胎盤の処理、
そしてタオルでこすって鳴かす。処理に夢中で牡丹の様子見れず。
 ブラック メス 180g
img267-1.jpg


14時45分
第一子が予想外にスッポリ出たので第二子も!と思っていたのだが
なかなか強い陣痛が来ない。第一子を近づけてみたがイヤがる牡丹。
3時手前にてやっと強い陣痛が来てこれまたスッポリ第二子誕生!
同じ手順で処理。
  ブラック メス 170g
img267-2.jpg


15時07分
第二子の誕生処理をして間もなく第三子誕生!
ちょっと小さいが元気だ!
産んだ瞬間、牡丹がすごい勢いで胎盤を食らう。
 ブラック メス 140g
img267-3.jpg

15時44分
これまたあっさり第四子誕生!
羊膜がここまでない厚さ? 頑丈でなかなか破れず一瞬焦る。
またもや凄まじい勢いで胎盤を食らう。
ここで牡丹が初めて子供を舐めた゚+.(ノ。・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆
  ブラック メス 170g
img267-4.jpg

18時03分
待てど暮らせど強い陣痛が来ない。
牡丹は寝てしまうし、非常に心配。
17時になり病院に電話。
19時までに産まれなかったら再度電話することになった。
ここで4頭の子パグにおっぱいを吸わせる。
刺激になったのか18時になり強い陣痛が来て歩きながら第五子誕生!
時間がかかったので心配だったが元気に動いていた。
 ブラック メス 140g
img267-5.jpg



img263.jpg
続く・・・
【2005/06/16 15:33 】 | 出産! | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
6月16日 出産その時父は・・

1頭生まれる毎に、ちゃんと覗きにきたもんさん。
img265.jpg
もんさんの子だよ(*´∀`*)ノ
みんな、もんじのミニチュアみたい!
ただ全員女の子だったけどね

img266.jpg
出産後、牡丹はしばらく爆睡タイムに突入致しまして (;・∀・)
子供達が
「ミューミュー」泣くと
どこからかひっそりもんさんがやってきて
子供達を眺めておりました(´ー`A;) アセアセ
 

【2005/06/16 15:48 】 | 出産! | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
6月16日 5つの秘話

img273.jpg
1.【産箱】
第一子は産箱内にて理想的に誕生したものの
第二子は産箱から1歩出た所で放出された。
 
羊膜などでかなり汚れたので急遽そこにバスタオルを敷き
第三子はその上で誕生。
第四子はバスタオルから少し外れた所で産まれた。
最後は陣痛がきて牡丹が産箱方面に歩き出した時に
産まれてしまった。
 
という事で産箱での出産は第一子のみ (;・∀・)
おかげで産箱というより1つの部屋が産部屋と化し
羊膜やら血液で汚れまくり。
前日ハァハァと息が荒く苦しそうな牡丹に
 
【牡丹、イヤなら産箱でなくても、もうどこで産んでもいいからね! 】
などとお父さんが牡丹に語っていた為なのかもしれない。
 

2.【助産】
当初、助産どころか出産には絶対立ち会わないと言い張っていたおとうさんだが
 
体温低下してからは一睡もせず 
いざ出産の時はビデオを撮りながら写真も撮る。
そしてへその緒を結んで縛り、すぐさまタオルで体をこすって鳴かせ
第一子以外は全員産湯で体を綺麗にしてタオルで乾かすという作業を
与えられた使命のようにやっていた( 'ノω')コッソリ
 
第一子が牡丹の体から出てきた時は感動のあまりビデオを撮りながら泣いていました。
 
おつかれ様(*- -)(*_ _)ペコリ
 

3.【胎盤】
胎盤については「食べさせる」「食べさせない」と両論があり
我が家では牡丹に任せてイヤがるようなら無理に食べさせるのはやめようと
話していたのだが、第三子誕生直後から牡丹がすごい勢いで胎盤を食べるのでビックリ。
へその緒の手前で食べるのをやめてちゃんと切ってくれるのか
なんてのほほんと様子を見ている場合じゃない程すごくて
(そのまま子供まで食べる勢いだった)
お父さんがへその緒を結んで切るのが早いか
牡丹が胎盤を食べ進んでへその緒まで辿りつくのが
早いかすごい戦いでした。
第五子の時は牡丹が振り乱して胎盤を食べるので手元が狂い
へその緒を結ぶのに手間取ってしまい、あっというまに牡丹がへその緒付近まで食べ尽くす。
それでも食べ進もうとするので牡丹とベビーの引っ張り合いに発展。
もう、ちぎれちゃう!とかなり焦った。
第五子が綺麗に洗われてくるのを興奮して待っていた牡丹に母性の現れだと喜んで
対面さるもいきなり頭をガブッΣ(・∀・`;)
 

4.【父性本能】
第四子まではベビーに見向きもしなかった牡丹に対し、一頭誕生する毎に確認しにくるもんじ。
 
そうよ!あなたの娘だよ!
いつ息子が出るかと思いきや最後まで娘とは・・・(; ̄□ ̄)yヾ ポロ
 
みんな真っ黒でどこから見てもアナタの子です。
自分と同じような小っちゃいのが、次々出てきてさぞかしビックリでしょう。
出産を終えた牡丹はしばし爆睡タイムに突入、その間も何度も何度も
娘たちのもとへ通い続けるもんじでした。
父性本能なんてないというけど、もんじはどう思ってるんだろう。
 
5.【ベビー】
無事に5頭産まれてくれて本当に安心した。
第二子と第五子はちょっと時間があいたので早く出て来い!と
すごく心配していた。
出産前に最悪仮死の場合も想定して蘇生の仕方をカッパの
ぬいぐるみで練習したりしたけど、陣痛がくるとすぐにスッポリ産んでくれてスーパー安産。
 
長引く陣痛や途中で引っかかる子もいなくてスムーズにお産できました。
第一子が足から出てきたのは確認できたけどあとの子は見え始めたと思った瞬間
放出されどこから出てきたか確認できなかった。
羊膜を破る時に「どうかすぐに生きていることが確認できますように。動きますように」
と願いながら破った。全員すぐに手足が動いたりプハァ~と口を開けてくれて
最後の子の羊膜を破ったときは
「あぁ~~~~これで全員無事だ」
と肩の力が抜けほっとしました。
ぼーちゃ、本当にお疲れ様。 
ちゃんと産めるのかすごく不安だったけど本当によく頑張ってくれた。
これからは子育てだ!


img264.jpg
【2005/06/16 15:54 】 | 出産! | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム |